予防接種定期予防接種

予防接種スケジュール(PDF)

ロタウイルスワクチンが定期接種化されます!

令和2年10月1日からロタウイルスワクチンが定期接種(無料)になります。
対象は令和2年8月1日生まれの赤ちゃんからです。

  • 9月30日以前に接種をした場合は、全額自己負担(任意接種)となりますのでご注意ください。

ワクチンの種類

ロタウイルス予防接種には2種類のワクチンがあり、どちらも経口投与(飲む)生ワクチンです。効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なるため、1回目と同じワクチンで接種を完了してください。

ワクチンの種類
対象年齢
接種回数
1価ワクチン
(ロタリックス)
生後6週0日から生後24週0日後まで
4週間以上の間隔をおいて2回
5価ワクチン
(ロタテック)
生後6週0日から生後32週0日後まで
4週間以上の間隔をおいて3回
  • どちらも1回目は、生後2カ月から出生14週6日までに行うことが推奨されています。

ロタウイルス感染症とは??

ロタウイルス感染症とは、5歳までにほとんどの子どもがかかるウイルス性の感染症です。冬から春先にかけて流行するのが特徴で、感染すると急性の胃腸炎(嘔吐、下痢、発熱)を引き起こします。予防接種を受けることで、感染予防や重症化予防につながります。

予防接種を受けるとき

医療機関での接種となります。※事前に予約が必要です。直接医療機関にお申し込みください。

医療機関名
住所
電話番号
にしぶち医院
須惠814-93
0748-58-2932
弓削メディカルクリニック
弓削1825
0748-57-1141

原則保護者の同伴が必要です。

持ち物

他の予防接種を受ける場合の接種間隔

令和2年10月1日から異なるワクチンを接種する際の接種間隔の制限が一部緩和されます

「定期接種実施要領」が一部改正され、令和2年10月1日から異なるワクチンの接種間隔の制限が一部緩和されました。

  • 同一のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔は、これまで通りで変更はありません。

令和2年9月30日まで

異なるワクチンを接種する際の接種間隔

令和2年10月1日から

異なるワクチンを接種する際の接種間隔

  • 接種から数日間は、発熱や接種部位の腫脹(しゅちょう)などの症状が出ることがあります。規定上接種が可能な期間であっても、必ず、発熱や接種部位の腫脹がないことなど、体調に問題がないことを確認してから次の接種してください。
  • 特に医師が認めた場合、同時接種を行うことができます。
  • 同一のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔については、医師の指示に従ってください。

予防接種(定期)の種類

B型肝炎(不活化ワクチン)

対象年齢
接種回数
1歳未満
  • 初回27日以上の間隔をあけて2回
  • 追加1回目から139日以上の間隔をあけて1回

標準的には生後2カ月から9カ月までです。

ヒブワクチン[インフルエンザ菌b型](不活化ワクチン)

接種開始年齢
接種回数
生後2カ月から7カ月未満 (合計4回)
  • 初回27日以上の間隔をあけて3回
  • 追加初回終了後、7カ月以上の間隔をあけて1回
生後7カ月から1歳未満 (合計3回)
  • 初回27日以上の間隔をあけて2回
  • 追加初回終了後、7カ月〜13カ月の間に1回
1歳から5歳未満 (合計1回)
  • 1回

標準接種開始年齢は生後2カ月から7カ月未満です。

小児用肺炎球菌ワクチン(不活化ワクチン)

接種開始年齢
接種回数
生後2カ月から7カ月未満 (合計4回)
  • 初回27日以上の間隔をあけて2歳までに3回
  • 追加初回終了後、60日以上の間隔をあけて1歳以降に1回
生後7カ月から1歳未満 (合計3回)
  • 初回27日以上の間隔をあけて2回
  • 追加初回終了後、60日以上の間隔をあけて1歳以降に1回
1歳から2歳未満 (合計2回)
  • 60日以上の間隔をあけて2回
2歳から5歳未満 (合計1回)
  • 1回

標準接種開始年齢は生後2カ月から7カ月未満です。

4種混合[ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ](不活化ワクチン)

対象年齢
接種回数
生後3カ月から7歳6カ月未満 (合計4回)
  • 1期初回20日以上の間隔をあけて3回
  • 1期追加初回接種終了後、おおむね1年から1年6カ月までの間に1回

3種混合[ジフテリア・百日せき・破傷風](不活化ワクチン)

対象年齢
接種回数
生後3カ月から7歳6カ月未満 (合計4回)
  • 初回20日以上の間隔をあけて3回
  • 1期追加初回接種終了後、おおむね1年から1年6カ月までの間に1回

不活化ポリオ(不活化ワクチン)

対象年齢
接種回数
生後3カ月から7歳6カ月未満 (合計4回)
  • 初回20日以上の間隔をあけて3回
  • 追加初回接種終了後、おおむね1年から1年6カ月までの間に1回

ロタ(生ワクチン)

ロタウイルスワクチンに関してはこちら

BCG(生ワクチン)

対象年齢
接種回数
満1歳の誕生日の前日までに
  • 1回

標準接種年齢は生後5カ月から8カ月未満です。

麻しん・風しん[MR](生ワクチン)

対象年齢
接種回数
1期満1歳から2歳の誕生日の前日までに
  • 1回
2期小学校入学1年前の4月1日から
翌年の3月31日までの間
  • 1回

水痘(生ワクチン)

対象年齢
接種回数
満1歳から3歳の誕生日の前日までに
  • 3カ月以上の間隔をあけて2回

標準接種年齢は1歳から1歳3カ月の間に1回目、その後6カ月から12カ月の間隔をあけて2回目

日本脳炎(不活化ワクチン)

対象年齢
接種回数
1期生後6カ月から7歳6カ月に達するまで
  • 1期初回6日以上の間隔をあけて2回
  • 1期追加1期初回終了後、おおむね1年後に1回
2期満9歳から13歳の誕生日の前日まで
  • 1回

※1期・2期とも上記の年齢で接種の機会がなかった平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの人は、20歳未満まで不足回数を接種することができますので、保健センターまたは指定医療機関にお問い合わせください。

2種混合[ジフテリア・破傷風](不活化ワクチン)

対象年齢
接種回数
満11歳から13歳の誕生日の前日まで
  • 1回

子宮頸がん(不活化ワクチン)

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨の一時中止について

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(外部リンク)

子宮頸がん予防ワクチン接種にかかるQアンドA(PDF)

 

対象年齢:小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子 ※標準的な接種年齢は中学1年生です。
接種回数:どちらのワクチンも計3回。3回とも必ず同一のワクチンで接種してください。

ワクチンの種類
接種回数
2価ワクチン(16型・18型)
(サーバリックス)
  • 2回目初回接種後、1カ月以上あけて接種
  • 3回目初回接種後、6カ月以上あけて接種
4価ワクチン(16型・18型)
(ガータシル)
  • 2回目初回接種後、2カ月以上あけて接種
  • 3回目初回接種後、6カ月以上あけて接種
お問い合わせ:竜王町役場 健康推進課 (保健センター) TEL:0748-58-1006