本物の自動車製造を体験!〜竜小で「ダイハツものづくり体験教室」を開催〜
11月29日、竜王小学校で「ダイハツものづくり体験教室」が開催されました。参加した5年生は社会科で自動車産業について学んでおり、ダイハツ工業株式会社竜王工場の見学なども終え、今回は実際の車づくりの作業体験をしました。ダイハツ工業では、本物を使った体験教室により次世代育成への協力がしたいという思いから、平成28年から体験教室を実施しておられます。児童たちは、プレス、溶接、塗装、組み立て、検査の一連の流れを、本物の部品や工具を使って体験をしたり、流れ作業でブロック玩具の車を友達と協力をして完成させたり、限られた時間の中で効率よく作業を進めることができました。「流れ作業が一番楽しかった。みんなで協力して1台の車ができるのが面白かった」との感想もあり、自分の役割を覚えて責任を持って真剣に取り組んでいる様子がうかがえました。ダイハツ工業の皆さんからは、「ものづくりの大変さ、その苦労や工夫を知ってもらい、ものを大切にする気持ちを持ってもらいたい。また、ものづくりの仕事にも興味を持ってもらいたい」とメッセージ。代表児童からは「実際にやってみてたくさんのことが分かった。竜王町にダイハツ工業があることを誇りに思います」と感謝を伝えました。将来、竜小からものづくり職人が誕生するかもしれませんね。

  • 竜王町ホームページへ
  • 竜王小学校ホームページへ
  • 竜王西小学校ホームページへ
  • 竜王中学校ブログへ
  • 竜王町立図書館ホームページへ
  • 竜王町公民館ホームページへ